ラジオの素晴らしさ

昨日の夕方、FMKのロビーにあった「九スポ=九州スポーツ」。
東京では「東スポ=東京スポーツ」でおなじみのスポーツ新聞。

芸能面を見ようとしたら(エッチなページは結局見てない。しまったっ!)
mixi仲間のDJケイ・グラントさんのコラムを発見!
「PRIDE」のオフィシャル・ナビゲーターでもあるので、
格闘技が好きな方にはおなじみかと思います。

そのコラム、実にいいことが書いてあります。
そして、これまでずっと俺が言ってきたことと重なるんだよね。

先程、本人の許可をいただきましたので(すげーっ)
ここに全文をアップいたします。

※九州スポーツ 1月24日付より
一番やりたい仕事はやっぱりラジオ。
自分は"ラジオDJ"という自負があるので、リングアナをやっていても、
ナレーターをやっても「DJ」という文字は出してもらうようにしてるんだよね。
でも、名刺出したときに「DJなんてやってないじゃん!」なんて言われちゃうとガックリするよ(笑い)
やっぱり、DJから始まった人はそれなりのものを持っている。
クリス・ペプラーも赤坂泰彦も小林克也さんも、いまだにエネルギッシュでうまいからね。みんなレギュラーも持ってる、ほんとうらやましいよ。
でも、僕も今年から新潟の「FM PORT」で「CLUB KG」という番組を始めることができたんだ。ローカルステーションだけどすごくうれしい。ささやきかけたことがすぐに返ってきてくれる。テレビと比べて人も少ない分、ラジオはレスポンスが早いから楽しいよね。
自分でも、車に乗ったときにラジオがないと調子狂っちゃうもんな。
でも、カーラジオは聴取率に入らない。人たちのラジオ離れには我々DJや局の責任もあるけど、こういう調査方法にも問題があると思うよ。
阪神大震災のときは全ての情報がラジオだった。ポータブルラジオが命綱だったよね。そういう意味では生活に一番密接なメディアはラジオなんじゃないかな。「Kiss-FM」とか懐中電灯で放送して、みんなのすごい励みになったんだよ。全ての揃っている生活では、そんなのどうでもいいことかもしれないけどさ。
映像というのはウソをつくけど、生のマイクはウソをつけない。
心のかすかな動揺も伝わるからね。でも、それがいいんだよ。ラジオ世代というのは続いていってほしい。
特にポップティーンは「テレビは見ちゃだめ」って言われて、トランジスタを持って布団にはいるような生活をしてほしいよ。耳元に近くて想像をかき立てられるから、ある意味活字に近い部分もあると思うしね。
レコード会社が制作費を出してアーティストが番組をやるというのもビジネスモデルとしてはいいんだろうけど、僕たちはいいものを選べるスポンサーさんを得て、ラジオでさらにいいものを提供したい。「頑張れラジオ!」と言いたいよ。



まだ、負けたくない。
いいラジオ番組を通じて、RADIO MAGICを起こしたい。
このコラムを読んで強く感じました。

P.S.ケイ・グラントさん、いつかDJセッションしたいですね。

コメント
ラジオ離れ…は残念ながら自分にもあります。
どうしても聞くとなるとカーラジオになってしまい…。

高校当時のようには聞く時間もなくなりましたが、やっぱり楽しさは分かるし、おもしろいと一人でにやにや(妖)してたりとか…あるし、情報取得するには実はラジオが良かったりするので機会があれば聞くようにしてます。

先々週かな?FMKで16分くらいの曲をフルで流してましたがあれにはびっくり!ONEコーナーできるじゃないか!と突っ込んでましたが、一曲フルに聞けるのはリスナーとしてはうれしいので、浸って聞いてました。

昔から聞いてる番組のDJさんが、現在もそのままってのはやっぱりうれしいし、リスナーとしても続けて欲しいです。




  • kaname
  • 2006/01/25 1:11 PM
高校時代は、ラジオでした。活気がありました、本当に。
赤坂泰彦の「ミリオンナイツ」が毎日楽しみだったなぁ。
熊本の番組では、RKKの「オーわらナイト」、「燃えろサタデーナイト」(懐)
NHKが公共放送の見直しを進める、と発表しましたね。
ラジオ縮小されるのかな・・・。
ハイビジョンだ、デジタルだと、小手先の技術よりも
もっと基本を、「声」を見つめ直して欲しいな、と思います・・・。
  • コン
  • 2006/01/25 9:53 PM
うちもラジオ離れしてるなぁ…。
けど、なんだか『声』を聴いてみたくなりました。
  • clover
  • 2006/01/25 10:34 PM
震災にあってから、真っ暗な中、ラジオだけの日々を送ったことを
思い出しました。
 偶然にもラジオは聞けたんですよね。そーだ涙して聞いてたっけ。

 なんか、ふと思い出しました。

 
  • しろこ
  • 2006/01/26 11:49 PM
>kanameさん
ラジオを聴くシチュエーションは、車の人が増えましたね。
夜勉強しながら聴いてる人ってどのくらいいるのかな?
昔からやっている人…私も入りますね(苦笑

>コンさん
コメントにあった番組に共通するのは、
番組にパワーがあるということですね。
ラジオを聴かなくて育ったという人が、現実にラジオの現場で
プロデューサーとか、ディレクターとか、パーソナリティにいます。ラジオの「何」がすごいのか、醍醐味とかを知らないと思います。だから、つまらなくなったと思います。

「ラジオ」はこれからも「ラジオ」であり続けると信じています。

>cloverさん
ラジオに限らず人の声って、自分の背中をポンって押してくれたり、
励ましてくれたり、癒してくれたりといろいろですね。

>しろこさん
大きな災害の時には、ラジオの底力が出てくるんだけど、
普段がね(笑
これからもラジオを聴いて下さい。

  • むらかみ
  • 2006/01/28 4:56 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ラジオ世代って程ではないですが 週に一度のお楽しみ、お目当ては 木曜日のコレ....(*'') ▼参考:ラジオに携わる「Ryu」さんのブログ http://blog.plusone.in/?eid=223521 ▼参考:愛しのB級ラジオ博物館 http://www.kn.org/b9radio/ このラジオは5
  • おこさま夫婦のほのかな生活
  • 2006/02/17 3:08 AM

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM