15年

阪神・淡路大震災から15年です。
月日の流れを感じます。

http://blog.plusone.in/?day=20060117
http://blog.plusone.in/?day=20070117
http://blog.plusone.in/?day=20090117

メモリアル的に報道されていますが、今も復興に向けて頑張る人、
生活の不安がある人、傷が癒えない人もたくさんいらっしゃいます。
現在進行形なのです。

私はこの地震が風化していくことが一番気になります。
同じ時間に、この揺れを感じたものの一人として。
半年後に自分の目で見た、西宮の風景が今も焼き付いています。

5年前の福岡県西方沖地震も、すっかり忘れられている気がします。
日本は、地震という宿命を背負った国です。

熊本にも大きな断層があります。島原にもあります。
http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/kyushu-okinawa/p43_kumamoto.htm

対策はそれぞれにやらなければなりません。
きょうという日に、もう一度考えましょう。

 

この時期



この時期になると福岡管区気象台から「防災気象ハンドブック」が発行されます。
ホームページもあるんですが、こういうのは手元にあると助かります。
放送前に気象台で頂いてきました。
台風の進路予報の充実や、震度階級の解説が改訂、レーダー気象観測強化など、
今年に入って変わったものもあります。
何もないのが一番良いのですが、もしもの為に基礎となる情報も備えています。

きょうの熊日には恒例の「防災心得帳」が入ってました。
何故か私の写真も載ってました(苦笑
コンパクトにまとめてあり便利ですので是非保存して下さい。

備えあれば…

今年も1月17日がやって来ました。
皆さんの心の中に、記憶に、この災害はどう残っていますか?

少しずつ記憶が薄れていませんか?

きょうをきっかけに、
寝室の周りに背の高い家具を置いていないか?
玄関先にすぐ取り出せる防災パックを置いているか?
最低3日分の備蓄品があるか?
ご近所に災害時要援護者の方がいるか?
住んでいる地域の避難所はどこか?
171の使い方は知っているか?
携帯電話のストラップに笛は付けているか?
携帯ラジオを持っているか?

もう一度確認しましょう。



FM791が入っているビルのエレベーターです。
新しい機種は地震の際に最寄りの階で停まるという機能があります。



このエレベーターもそうです。
マンション、オフィスビルなどのエレベーターを頻繁に使うという方は、
是非確認を。
そして、エレベーターが停止して長時間閉じこめられるということも考え、
エレベーター用の防災グッズも用意しましょう。

救急法講習会



きょうから「防災とボランティア週間」です。
阪神・淡路大震災から14年。
皆さんのお宅や会社では防災・減災の準備はできていますか?

今朝から先ほどまでFM791で熊本市消防局の方をお招きし、
救急法の講習会が行われました。

胸骨圧迫、AED、止血の3点を3時間近く学び、
実際に体験しました。

3年前に救命講習を受けていますが万全ではありません。
体で覚えなければ大変だと改めて痛感しました。

ラジオ局では外からの公開生放送もあります。
人が集まると言うことは、そこで人が倒れると言うこともないとはいえません。

もしもの為の備えです。
会社や学校、町内会などでこのような講習をおすすめします。
もちろん放送局でやっていただきたいです。

資料収集



防災士の資格を取ってから毎年頂いている資料があります。
各局の放送でも使うこともあるので大変助かってます。

防災講演会



交通センターでのAIR GROOVE特番を終えて移動したのは、
熊本市長嶺。

月出・長嶺地域の防災講演会で防災への備えについて1時間ほど、
お話しさせていただきました。

防災士の資格を取るきっかけだったり、
家庭や会社での防災意識、地域でやるべきことなど。

話す時間が足りませんでしたが(笑
皆さん真剣に聴いておられました。

機会があればいろいろなところに回って
お話しできたらと思っております。

会社や地域など人数は問いません。
お気軽にお声がけ下さい。

「もしも」のための備えは?

今月の上旬は熊本で大雨、台風、
今週は新潟で大きな地震がありました。

まさに災害ずくめの7月です。

皆さんのお宅では災害が発生した時の準備は万全ですか?
大きい災害だと公的な救援が行き渡るまで時間がかかります。
熊本市も大きな街ですから、新潟のような地震だとこれ以上に
深刻な状態になります。

食料も避難所も想像を超えたものになるはずです。

最低3日分は乗り越えられるような準備をして下さい。
無理であれば1日でも2日分でも。



お願い。



行ってきました。

1.17に何を思う?

阪神・淡路大震災から12年が経ちました。
今年は防災士の資格を取ったということもあり、
これまでとは違った気持ちでの1.17です。

皆さんは、地震や台風、大雨、竜巻に備えてますか?

地震は日本では無感地震を入れても年間で1万回あるそうです。
体に感じる地震も毎日日本のどこかで起きています。

阪神淡路大震災の震源地は、地震が起きにくいところといわれていました。
が、起きてしまいました。

国内で確実に安全な場所はないということでしょうか?
日本は海外に比べても地震が多く発生する宿命にあります。

だからこそ、自分の命は自分で守るということを心がけてください。
大災害の時に行政の力は皆無です。
それは12年前に教えてくれたはずです。

6434人の命を無駄にしないために…。

熊本の皆さんには月曜から木曜の夕方に「FMK防災ワンポイント」で、
備えについての情報をご紹介しています。

非常持ち出し袋など挙げればきりがありませんが、
被災して時のコトも考えこの4つは持っていて下さい。
「ラジオ」「懐中電灯」「笛」「携帯電話」



そして家族の人数分×3日分の備蓄として
「水」「食料」「携帯トイレ」

そして、「3者にならない」
“鏗下圓砲覆蕕覆あ防災の準備は万全に
加害者にならない→車を停めっぱなしにして道路を塞ぐなどしない
K鬼兌圓砲覆蕕覆あ自分に余裕ができたときは困っている人を助けよう

是非、会社や地域、ご家庭で防災について話し合ってみて下さい。
お茶しながら、飲みながらでも全然構いません。

ちなみに笛、私は携帯電話にくっつけてます。



女性の方には防犯ブザー代わりにもなりますよ。
小学校の頃使ってた「リコーダー」とか応用した使い方もありです。


収録三昧

今帰ってきました。
夕方から先程まで番組の録音をしてました。
まだ1月3日。フロアは静かでした。。。

8日の月曜から新番組「FMK防災ワンポイント」がスタートします。
パーソナリティでもありますが、防災士として最初の番組です。

地震、台風、水害、竜巻などの備えの情報を月曜から木曜日の
午後4時20分から放送します。

きょうは最初の週の4回分を収録。

煮詰まったところで撮影しました。



出来るだけ分かりやすい表現で伝えていこうと思っています。
FMKが聴けるところの皆さん是非聴いて下さい!!

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM